家系のネガティブエナジーをポジティブエナジーに変換するワーク(基礎編)

こんにちは。スマイリーです。昨日は久しぶりに ふわっちでスピリチュアル鑑定をやってみました。

やはり、深刻なエナジー障害の原因の一つにネガティブエナジーをポジティブエナジーに変換するワークが順調に進んでいない様子が散見されたので、家系のエナジーを調整するワークの基礎をまとめてみました。参考までに

(信仰のような話になるので納得した方だけ作業を進めましょう)


Step1] 墓相家の先生に墓相を診てもらい、霊名を過去帳にまとめてみよう

(このワークの意味)

家系のエナジーを受信する受信機のメンテナンス作業。まず、誰が墓所にいるのか整理。そして、家系の家でありエナジー受信機のメンテナンスが重要。墓相学専門の先生に鑑定してもらい、過去帳整備をしてもらう。


Step2] 屋敷神を置いてみよう

(このワークの意味)

屋敷神を修験道などの先生にお願いして霊石を設置して、ネガティブなエナジーを抑えてもらおう。30年ぐらい有効かも


Step3] お墓の掃除をしてみる

(このワークの意味)

墓掃除を繰り返すと 仏さんが何をしゃべっているのか チャネリングでわかる場合があります。(以心伝心)。はじめは、脳の病気かと思うかもしれません。思い込みの可能性もあります。しかし粘り強くやると…本当に何を訴えているか分かってくるので試してみましょう。霊媒体質の方なら3か月ぐらいで問題点が見えてくるはずです。


お金はかかるけど 基礎的な家系浄化でした。家系浄化すると家内の安定が図られやすいです。しかし…これは、あくまで一般的な家庭のケース。土地の有力者や、○○城の城主の子孫などとなると、歯が立ちません。その時は、プロの霊媒に頼んでみましょう。


(予想されるコスト)

100万ぐらい?


(ワークの期間)

1年ぐらい?


20170525A.JPG

古いフォトだけど、朝顔。癒しの時間をどうぞ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック