【散策話題】エナジーワーカーが龍を育成!? 奇妙な記録1

この“記録”は奇妙な日誌です。エナジーワークを知らない方は、コンピューターゲームによくある、育成系やシミュレーション系の延長にある小説やゲームソフト企画の原案ととらえて、目を通して頂きたいと思います。

プロローグその1

「えっ!? チャネリングや霊視が出来るのに、寂しがり屋!?」
動画ライブストリーミングサイトのツイキャス。そのサイトの、配信者さんは、私にインターネット回線を通じて話した。正確には、労働災害による後遺症が完全に回復しておらず、病が再発。【困っている】という表現が適切かも知れない。

少しだけ、経緯を話す。数日前、職場で…私はある感覚を体験した。チャネリングを用いたヒーリングである。
「心臓の動悸が不安定だ。指も震えるし、手に力が入らず困る。スマートフォンを落としそう」
自律神経が失調しているようだった。神経が不安定なので、薬剤師さんから久々に処方された薬を服用しようとしたが突然動けなくなり寝込んでしまう。

「体が動かない…どうしよう…」

一時、様々な神経系の疾患がでて、致命傷寸前だった事を思い出した。安全保障感覚が不安定になり、孤独感に悩む。寝込んでいると高貴な仏(高振動のエナジー)が降りてくるのが確認できた。

恐らく、エナジーは複数。高貴なエナジーのようである。姿がハッキリとしており、肉眼でも確認できそうだった。
高貴なエナジーとのチャネリング。周囲から見れば、病気が突然再発し、ただ横たわっているように見えるだけだろう。 が、エナジーワークを知っている方なら、すぐに理解出来ると思うが、高次元のエナジーによる、心理カウンセリング。セルフヒーリングといった方が理解は早いかも知れない。

90分ほど心理カウンセリングが続いた後、メンタルの問題整理。そして原因となっている、ネガティブエナジーのデトックスをしてもらう。ネガティブエナジーを体内から取り出した、高次元のエナジーは、
「これらのエナジーはあなたたちの世界でいう天国へとつれて行きます」

デトックスが終わると、心臓の動悸は安定しており、指の震えや手に力が入りにくい症状も軽減されていた。動けず困っていたのに、あっさり起き上がった。ありがたい。しかし、数日後、意外な展開を見せる。

次回に続く…

<参考:高次元のエネジーは弥勒菩薩様?>
座禅している弥勒菩薩様に似ていた…(よく似た仏像はこちら↓)
https://www.youtube.com/watch?v=VQ_wg3dvDWE

20160826.JPG
高次元のエナジーが降りてくるイメージは、この写真に近い。これのさらに美しく霊妙になっているようなエナジーで体が軽くなってきます。(*´ω`*)

熊野DEリフレッシュのホームページはこちら↓
http://kumanoderefresh.holy.jp/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック